diable-memo

ベルギーサッカー、ベルギーリーグ関係の書き殴りブログです

ベルギーリーグ第24節試合結果③ / 直接対決に向け、ゲントもクルブも譲らず

ベルギーリーグ第24節、日曜日に行われた3試合の試合結果です。

オーステンデ 3-3 ムスクロン・ペルヴェルツ


2016年に入ってから、調子が上がらないオーステンデと、監督をデ・ブークに交代したムスクロン・ペルヴェルツ(RMP)との対戦。試合はオーステンデが優勢に進めるものの、RMPが粘り強い守備でゴールを許さない展開。しかし、前半終了間際にGKヴァグネルが相手FWムソナを倒し、オーステンデにPKを与えられると、これをシリアクが決めて、オーステンデが先制し、前半を1-0で折り返します。後半に入ると、54分に左サイドの突破から、ムソナが合わせて、2点差に。

しかし、諦めないRMPは、58分にコーナーキックから、DFノエ・デュセンヌが頭で押し込むと、63分には右サイドからのクロスを、オーステンデGKオヴォノがパンチングで防いたボールを、今冬から新加入のアルゼンチン人FWバレンティン・ビオラがボレーで押し込んで同点に。82分にオーステンデがジョルダン・ルカクのゴールで再び勝ち越すものの、88分に左サイドを突破したFWバドリのクロスから、セルビア人FWマルコヴィッチのゴールで同点に。試合は3-3の打ち合いで引き分けで終了しています。


クラブ・ブルッヘ 2-1 ロケレン


2位のクルブは、ホームで9位のロケレンと対戦。試合は、11分にボルバトのアーリークロスから抜けだした、FWハムディ・ハルバウィが抜けだして、ロケレンが先制。しかし、クルブは1分後の12分に、イスラエル代表MFリオル・ラファエロフのシュートで同点に。更に28分にもラファエロフが、この日、2得点目となるゴールで逆転。クルブが2016年に入り、3連勝飾っています。


ゲント 2-1 ワースランド・ベヴェレン


現在首位で、2016年に入り、公式戦全勝と好調が続くゲントと、今季も残留争いの常連から抜け出せない13位ワースランド・ベヴェレンと対戦。試合は、16分にワースランドがコーナーキックの跳ね返りを、DFブアトゥ・マナンガが押し込んで先制。しかし、ゲントは2分後の18分に、クムスを起点に、ミリチェヴィッチ→リュカ・ドーと繋いで、最後はドゥポワトルが今季10得点目のゴールで、ゲントが同点に追いつき、前半を1-1で折り返します。後半に入ると、地力で勝るゲントが攻勢を強め、70分には、ラフィーニャから、クムス→ミリチェヴィッチと繋ぎ、最後はデヤーゲレがミドルシュートを決めて、ゲントが逆転勝利。

ベルギーリーグ第24節試合結果② / 熾烈なプレーオフ争い

土曜日に行われた3試合です。

ゲンク 1-0 コルトライク


6位のゲンクは、10位のコルトライクと対戦。21分にゲンクがコーナーキックから、DFクリスティアン・カバセレのヘディングシュートで先制。膠着したゲーム展開になるものの、後半アディショナルタイムに、ゲンクDFボスエロがハンドを犯し、コルトライクにPK。しかし、このPKをゲンクGKマルコ・ビゾットが止めて、ゲンクが最少得点差で勝利。6位をキープしています。


ウェステルロ 1-2 ズルテ・ワレヘム


5位のズルテ・ワレヘムは、アウェーで最下位に沈むウェステルロと対戦。試合は30分にウェステルロの右SBアパウのゴールで先制点を奪われるものの、後半に入ると、53分にセットプレーからディアロがヘディングシュートで同点に追いつき、59分には、今冬の新加入FWヘンリク・ダルスゴーアが、右サイドからのドリブルからのミドルシュートで、2試合連続のゴールで逆転勝利を収めました。


シャルルロア 3-2 メヘレン


立ち上がりはメヘレンが優勢に進め、14分にヴェルディエ、24分にPKをマタイスが決め、メヘレンが2点奪うものの、30分にシャルルロアが反撃をし、ギリシャ代表MFソティリス・ニニスが、ベルギーリーグ初ゴールとなるフリーキックを決めると、80分にバビーが左サイドからミドルシュートを決めると、87分には今冬の新加入、ペルー人MFクリスティアン・ベナベンテが移籍後初ゴールを決めて、ゼブラスが見事に逆転勝利。


ベルギーリーグ第24節試合結果① / ビクトル・バルデス、ベルギーリーグデビュー

金曜日、土曜日開催のベルギーリーグの試合結果です。

STVV 1-2 アンデルレヒト


キャプテンのロブ・スホーフスがゲントへ移籍し、ゲントからFWラマンが加入したSTVVは、アンデルレヒトと対戦。試合は開始早々にアンデルレヒトにPKで先制されるものの、24分にセットプレーからルベン・フェルナンデスのゴールで同点に。STVVがペースを握り、アンデルレヒトのゴールに迫るが、アンデルレヒトが上手く粘り、84分に、一瞬の隙を突いて、途中出場のFWイドリス・シラのゴールでアンデルレヒトが勝ち越し。アウェーで勝点3を得ています。


OHルーヴェン 0-2 スタンダール・リエージュ




マンチェスター・ユナイテッドから加入した、元スペイン代表GKビクトル・バルデスが加入したスタンダール・リエージュ。そのスタンダールが早速OHL戦でバルデスがスタメンで出場。試合は開始早々4分に、オリンピアコスからの完全移籍を決めたMFドセヴィのゴールで先制すると、26分にはOHL守備陣のミスを突いたスタンダールが、モナコからの新加入ボシリアのゴールで2点差。守ってはビクトル・バルデスが失点を許さず。スタンダールがバルデスのデビュー戦をクリーンシートで勝利しています。

ギャラリー
  • ベルギー勢初のベスト16、KAAゲントはどんなチーム? 選手紹介②
  • ベルギー勢初のベスト16、KAAゲントはどんなチーム? 選手紹介②
  • ベルギー勢初のベスト16、KAAゲントはどんなチーム? 選手紹介②
  • ベルギー勢初のベスト16、KAAゲントはどんなチーム? 選手紹介②
  • ベルギー勢初のベスト16、KAAゲントはどんなチーム? 選手紹介②
  • ベルギー勢初のベスト16、KAAゲントはどんなチーム? 選手紹介②
  • ベルギー勢初のベスト16、KAAゲントはどんなチーム? 選手紹介②
  • ベルギー勢初のベスト16、KAAゲントはどんなチーム? 選手紹介①
  • ベルギー勢初のベスト16、KAAゲントはどんなチーム? 選手紹介①